toggle
2016-05-07

リンパのナニコレの知識をつけようpart2

みなさん、こんばんは 🙂 

ヨガ ピラティス プライベートスタジオエアーのインストラクター日高 優人です。

リンパの知識第二弾をお伝えしたいと思います。

まずは、深入りせずリンパってこんなことに繋がってるんだ〜と知ってもらえたら嬉しいです。

では早速行ってみます。

リンパの役割は免疫機能です

リンパ節の働きは「免疫機能」「老廃物の濾過」です。リンパ球がリンパ節内で細菌やウイルスを退治します。また、リンパ液に含まれる乳酸尿酸などの老廃物がリンパ節で濾過されます。

リンパの流れが滞ることで本来、リンパ管に回収されるべき老廃物や余分な水分が皮下組織の中にとどまることになります。そのために身体がむくんでしまいます。

リンパの流れが良くなるとリンパ節の中にも細菌が多く取り込まれます。するとリンパ球がこれを退治します。そして抗体を作ることで免疫機能がアップします。

シミ、しわができやすく老け顔になる

顔の周りや首のリンパが滞ると、血液の流れにも悪影響を及ぼして、皮膚の細胞に必要な酸素や栄養素、水分などが十分に送り届けれなくなります。その結果、皮膚の新陳代謝が落ち、肌のくすみやシミ、しわ、たるみなどを引き起こし顔の印象を老けさせてしまいます。

脂肪が燃えず太りやすくなる

リンパはインナーマッスルと呼ばれる深層の筋肉をほぐすことで、流れが促されます。リンパが滞るとリンパ液の中の中性脂肪や老廃物が身体の中にとどまり脂肪を引き寄せることになります。また、ついてしまった脂肪も深層の筋肉運動によって消費されるので運動不足が続くと脂肪が燃えず太りやすい身体になります。

→「深層のトレーニングにはピラティスがいいですね。」

体温が下がり、身体が冷えやすくなる

食後の消化や、身体を動かして脂肪を燃焼したときの代謝により、体温は上がります。代謝が悪いと体温は上がらず、内臓の働きが低下して全身の血行が悪くなり、身体に冷えを感じます。

リンパが滞ると、老廃物や余分な水分が回収されなくなり、代謝血行も悪くなり冷えを加速させてしまいます。

トーンボールでやってみました

この青いボールがトーンボールです。中には砂嚢が入っていて2㎏くらいです。

画像は鎖骨下をトーンボールで転がしているところです。

「さあ、やってみよう」

「うーーん」

DSC01067

次は胸骨に沿って縦に動かしてみます。

「骨への刺激も気持ちいいなー」

 

感想

普段、手を当てない部分に触れるだけで気持ち良かったです。

10往復転がしただけで腕の上がりがスムーズになりました。手じゃなくてボールのような異素材がオススメです。

リンパのナニコレの知識②いかがですか

ストレッチがリンパには良いみたいです。まずは自分のペースに合わせて運動できるように家でできるプチエクササイズをこれからもご紹介していきたいと思います。

レッツトライです。やってみてくださいー 😆 

「より美しく、より楽しく、より健康で」小さなことからコツコツとですね 🙂 

記事のシェアよろしくお願いします
スタジオ営業時間
メールメンバーになりませんか

メールアドレスを送信して無料のメンバー登録をするとスタジオの新着情報がメールで送信されます。お気軽にブログ更新情報を受け取っていただけます。

Facebookページ
関連記事