toggle
2016-12-27

お客様からクリスマスプレゼントをいただきました!ありがとうございました(green bean to bar chocolate)

みなさん、こんばんは。

早いものでもう年の瀬ですね。その前にクリスマスが、、。

スタジオとしてはクリスマスの装飾を密かにしていただのですが、お客様からプレゼントをいただきました。

ありがとうございました。うれしかったです!

green bean to bar chocolate(グリンビーントゥーバーチョコレート)

お客様のお仕事の関係もあり、チョコレートをいただきました。

ソニーストアの裏にある(今泉方面の裏です)チョコレートの専門店です。

green bean to bar chocolate

コンセプトは、「透明性」・「ハンドメイド」・「ナチュラル」・「カスタマイズ」・「ワークショップ」の5つです。

カカオ豆の原産などチョコレートに関わることへの透明性、ハンドメイドでクオリティーを重視して大量生産とは対極の位置にいたい、お客様自身がチョコレートを作れたり、ワークショップを通してチョコレートの普及にも務めているそうです。

店舗は、福岡と東京の中目黒の2店舗あります。

そもそも「bean to bar」とは何か?

それは、カカオ豆からチョコレートになるまでの製造工程を一貫して行い、その個性を生かしてチョコレートを作る製法のこと。

これにより、カカオの繊細で奥深いアロマや旨み、酸味や甘みといった本来の魅力を存分に味わえるそうです。

「グリーン ビーントゥーバー チョコレート」の主軸商品は、オーガニックのカカオ豆とオーガニックのきび砂糖だけで作られる11種のバー。

店内にはそれぞれのバーの横に、カカオ豆とニブス、テイスティング用チョコレートを添え、気軽に味比べをさせてくれます。

 T-SITE lifestyle

そのほかに、店頭には「シュークリーム」「タルト」「マフィン」「ブラウニー」「バゲット」などお菓子が陳列されていて、コーヒーやアルコールと一緒に座って食べることができるカフェスペースがあるようです。

次回、行って見なくてはと思っています^ ^

バーが11種類もあるということで食べ比べができる所がこのチョコレート専門店ならではの楽しみ方なのかもしれません。

比べることで自分の好みがわかったり、自分に合ったものがわかったり。調べていて僕自身お勉強になりました。

選ぶという点に関して、プライベートスタジオエアーにおいても

曜日・時間帯・頻度などお客様のライフスタイルの中で無理なくピラティスを導入していただいています。

そのほかに、プライベートスタジオエアーではピラティスマシンとして「チェアー」と「バレル」を導入していますが次第にマシンを増やしていくことでマシンも選べるようにしていきたいと思っています。

チョコレートのように奥が深いピラティスです。

自分に好みの形、自分にあった形で楽しんでいただけるようにお客様に寄り添いつつもご希望に答える専門店として提案できるようにしたいと思います。

皆さんも、green bean to bar chocolate(グリンビーントゥーバーチョコレート)へ行かれてみてはいかがでしょうか^ ^

きっと新しい刺激があると思います。

記事のシェアよろしくお願いします
スタジオ営業時間
メールメンバーになりませんか

メールアドレスを送信して無料のメンバー登録をするとスタジオの新着情報がメールで送信されます。お気軽にブログ更新情報を受け取っていただけます。

Facebookページ
関連記事