toggle
2018-07-25

「リフォーマー マシン」を使うことのメリット①

みなさん、こんにちは。

毎日暑いですね。少し夏バテ気味ですが、夏らしい食材・飲み物・場所に出かけて夏と付き合っていきたいです。

リフォーマーとは

ピラティスマシン「リフォーマーの構造」について

から引き続きお伝えしています。リフォーマーを使うことでどのような方に素晴らしい効果をもたらすかを書いていきたいと思います!

心拍を上げて代謝を高めたい人

最大心拍数は220 - 年齢で計算することが出来ます。普段、30%程度で過ごしている人が多い中、リフォーマーのジャンプボードによってジャンピングの動きを繰り返すことで、心拍数を50 ~ 60%まで引き上げます。

酸素を末端まで届けるために毛細血管が広がり、見た目から明らかに血色良く美しくなります。脂肪も燃焼されます。代謝も良くなります。

イメージとしては、「歩き」と「走り」の中間の程度を気持ち良く反復することができると思ってください。

反復して疲れてきてからは、ご自身のチャレンジの要素にもなります。

社会人になると、運動をする機会がなくなったとお客様は仰います。やろうと思えば道で走ることもできますが、関節がスムーズに動かなかったり・筋肉が使いづらい状態で走ると体を痛めることがあります。

そうとはいえ、歩くだけではなかなか心拍数が上がりません。そのような方は、リフォーマーでジャンプの練習が向いています。

水平面上にジャンプする不思議な浮遊感を楽しみながら心拍を緩やかに上げていくことができます。

冷え・疲れの体質改善を求める人

有酸素運動を行わないと毛細血管が体の隅々まで行き渡りません。有酸素運動を行うことで枝のような形の毛細血管が枝を伸ばすように拡充していきます。

有酸素運動を行うことで手足の先まで酸素・血液の温かさが行き渡り、ポカポカ温まる感覚を持つことができます。

お腹周りを引き締めたい人

リフォーマーのジャンプボードによって、リフォーマーを蹴りだすとき・着地するときに瞬発的にお腹をはじめとして胴回りの筋肉に力が入ります。

例えば、くしゃみをする瞬間的な動作と同時に「腹筋に力が入る」と同じように、ジャンプする離地・着地するときにも毎度腹筋に力が入ります。

ジャンプの動作によって、お腹の引き締まりのために取り組むことができます。

減量したい人

有酸素運動において体の中で使われるエネルギー源は「脂肪」です。人と話せるくらいの余裕を持ちながら続けることができる運動を有酸素運動とします。

リフォーマーでは、ある程度余裕を持ちながら程度の良い有酸素運動を行うことができます。

*レッスン・トレーニングのように「息を吸って・吐いて」行っていることも有酸素運動です。リフォーマーのジャンプでは、その程度が上がります。

 

次回も、リフォーマーの良いところをお伝えしていきたいと思います!

体験トレーニング・レッスン

7月も体験トレーニング・レッスンを受付しています。最近では、お子様連れのお母さん・娘様がお母様のために連れてくるような形でお越しいただくことが増えました。

姿勢にお悩みの方・不調(肩こり・腰痛)のある方・体質(疲れ・冷え)を変えたい方、も同じくお越しいただいております。

姿勢が整うと自分の体に自信が持てるようになります。また、姿勢を整えるためのポイントもお伝えするのですが、「体のどこを気をつけると良いか」という「バランス(兼ね合い)」を意識します。

そうすると、自分で整えることができる修正能力が身につきます。一度覚えて頂くと一生使える意識・感覚なので、「体のここが気になるな〜」などお悩みのある方はお気軽に体験トレーニング・レッスンへお越しくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております 🙂  🙂 

記事のシェアよろしくお願いします
スタジオ営業時間
090-8624-8508(スタジオ専用)
9:00〜21:00
完全予約制です。(体験レッスンをご希望の方は電話・体験レッスン予約フォームよりご連絡ください)
みなさまのお越しをお待ちいたしております。
メールメンバーになりませんか

メールアドレスを送信して無料のメンバー登録をするとスタジオの新着情報がメールで送信されます。お気軽にブログ更新情報を受け取っていただけます。

Facebookページ
関連記事