toggle

3つの姿勢のタイプ

姿勢へのこだわり

姿勢は”構え”とも表現されることがあり、ヒトやモノに対してどのように構えているか表しているとも言えます。

背筋が通りまるで上から吊るされているような綺麗な姿勢は周りからの印象が良く、自分が綺麗になることに加え周りからのイメージや印象もより良いものになります。

また、理想的な姿勢は理想的な動きを導きます。その際に使われる筋肉によってボディラインは保たれます。

周りにいつまでも綺麗なボディラインを保っている方がいらっしゃるとしたら、その方は姿勢が綺麗ではないでしょうか。

理想的な姿勢の方は、散歩、ジョギング、家事など日常生活の動きの質が良く小さい一つずつがエクササイズになるため綺麗なボディラインを保つことができるようになります。

ヨガ・ピラティスでは、正確に筋肉をつけていくことで姿勢を正し理想的な動きへと導きます。姿勢から導かれるよい動き方はお客様の効果と自信につながると考えています。

3つの姿勢タイプ

姿勢タイプ画像

 

① 理想的な姿勢

骨盤の中央と肩と耳を結ぶ線が床に対して垂直な状態を保てています。

② 骨盤前傾姿勢

ハイヒールを履く方に多い姿勢です。首の後ろや肩こりがあり、腰の緊張が強く腰痛の方が多いです。

③ 骨盤スライド姿勢

デスクワークのお仕事の方に多い姿勢です。腹筋の力が抜けることで前へ骨盤が移動します。頭痛・首こりがあります。

④ 骨盤後傾姿勢

背中の筋力が低下しています。肩が内に入り猫背になります。四十肩・五十肩、膝関節症、腰椎ヘルニアの方に多い姿勢です。

姿勢が乱れることで多いお悩み

  • 首が痛い
  • 肩こりがある
  • 頭痛がする
  • 猫背が気になる
  • 腰が痛い
  • ぽっこりお腹
  • 足がむくむ
  • 呼吸がしづらい

姿勢が乱れやすい環境の方

  • ハイヒールを履くことが多い
  • 俯く作業が多い方
  • 産前産後の妊婦の方
  • 重い荷物を持つ主婦の方
  • ダンサーの方
  • デスクワークが多い方
  • 緊張やストレスを抱えることが多い方
  • あまり運動をされない方

姿勢から見たレッスンプログラム

赤い棒=筋肉が縮んでいる場所

白い棒=筋肉が伸びている場所

お客様それぞれの姿勢によって筋肉を縮めるように使うのか、伸ばすように使うのかエクササイズをプログラムします。

姿勢を観察して筋肉の状態を分析する事で、お客様にとって良いエクササイズを選ぶ事ができます。

そして安全で効果的なプログラムでレッスンを行う事ができます。

姿勢に関してのお悩みがある方はプライベートスタジオエアーにお任せください。

姿勢タイプ画像2

ご自身の姿勢の状態が気になる方、お気軽に体験レッスンにお越しください。お待ちいたしております。

関連記事:体験レッスン予約ピラティスとはヨガとは