toggle

レッスンへのこだわり

レッスンへのこだわり

レッスンでは、一人一人に合わせたプログラムを作成して行っていきます。プログラムを組むときに大切にしているのがモディフィケーション(調整)です。エクササイズのレベルを段階的に上げていくことで正確に動きを身体で学習することができます。

また、「骨盤のニュートラルポジション」「背骨のCカーブ」「ティーザーポジション」を始め、ピラティスの技術の一つでもあるポジションを習得していただきます。

さらに、「ロールバック」「ロールアップ」「ロールオーバー」を始め、ピラティスの技術の一つでもある動き方を習得していただきます。

モディフィケーションとは

モディフィケーション(調整)とは、同じエクササイズにおいても筋量・柔軟性・骨格によって器具を使い分けたり、動きの方向・幅を変えたりすることで一人一人に合ったエクササイズにすることです。難しいエクササイズを無理にするのではなく一人一人にあった段階を経てエクササイズを進めていくことができます。

プライベートスタジオエアーでは、モディフィケーションにこだわりがあります。難しかった動きも、段階を経て出来るようになると自分の体に自信がつきます。

また、エクササイズができるようになった時に、どこの筋肉が強くなったから・動きが良くなったからという理由がインストラクターとクライアント両方が把握できます。様々な段階を経てクライアントの目標に一緒に向かいたいという気持ちがモディフィケーションであり、レッスンへのこだわりです。

レッスンの進め方

① 節々周りの筋肉の使い方の実践・習得

まず、節々周りにある(股・膝・足首・肩)筋肉の使い方をお伝えします。どのような時に働くのかを動きを通じてお伝えしていきます。筋肉を使った反対側はストレッチされるので筋肉の伸縮を感じていただけます。レッスンの中で自然な流れでお伝えするので一つ一つ区切ってお伝えするわけではなく、自然に理解できるようにお伝えします。

② 節々の動かし方の実践・習得

節々をどの方向に動かすことが良いのか(背骨・股・膝・足首・肩甲骨・肘・手首)、またどのようなポジションから動くことで安全かつ効果的に滑らかな動きへ繋がるかをお伝えします。(体の回転を意識した動き方)こちらもレッスンの中で自然な流れでポイントでお伝えしていくので自然に覚えていただきます。

③ ポジション(ピラティスで使う)の実践・習得

「背骨のニュートラル」「背骨のインプリント」「Cカーブ」「ティーザーポジション」「プランク(フロント・サイド)」「パイク」のピラティスで使うポジションを習得していただきます。こちらもレッスンの中で自然な流れでポイントでお伝えしていくので自然に覚えていただきます。

④ 基本的な動き(ピラティスで使う)の実践・習得

「ヒップロールズ」「キャットストレッチ」「スキャピュラーアイソレーション」「アブプレップ」「ブレストストロークプレップ」「レッグプルフロントプレップ」「ロールバック」「ロールアップ」「ロールダウン」「ロールオーバー」「ローリングライクアボール」「シングルレッグストレッチ」「オブリークス」「ショルダーブリッジプレップ」「プッシュアッププレップ」のピラティスで使う基本的な動きを習得していただきます。こちらもレッスンの中で自然な流れでポイントでお伝えしていくので自然に覚えていただきます。

⑤ 発展した動きの実践・習得

基本的な動きで、筋肉の意識がつきポジションを意識できるようになると、「ティーザー」「ジャックナイフ」「サイドベンド」「プッシュアップ」「オープンレッグロッカー」を始め、機器(マシン)の動きを含めて数百種類の動きの実践を行っていきます。基本的な動きの延長にあるので、筋肉を意識しながらかつ基礎とは違って「ここも、ここも」というように同時に意識しなければならない動きの中で、「姿勢」「スピード」「可動域」「バランス」「方向」にチャレンジしていただきます。

基本的に上から下の番号で難易度は高くなっていきます。一人一人の骨格や筋量に合わせて行うため、一回ずつのレッスンで節々周りの筋肉を使ったり、関節の動きを補充するように引き出したり、ピラティスのポジションや動きを習得したり総合的に行っていただけます。

そして、あらゆる姿勢を保ったり、スピードを高めたり、バランスをコントロールしながら体がタイミングよく働いて、体の芯が通ったスタイルの良い綺麗な体へ仕上げていきます。